沖縄が選ばれ、日本初の地方開催サミットとして注目!

安い値段、おすすめサロンを探せ!全身脱毛会議!の?

G8で開催されるサミット(主要国首脳会議)

第26回九州・沖縄サミット

第26回九州・沖縄サミットは2000年7月21日~23日、沖縄県名護市にある万国津梁館(ばんこくしんりょうかん)で開催されました。2000年に開催されたことで、「ミレニアムサミット」とも呼ばれています。なお、九州・沖縄サミットを記念して2,000円札が発行されました。

日本初の地方開催サミットとして注目され、札幌、千葉、横浜、大阪、広島、福岡、宮崎なども立候補していますが、沖縄が選ばれています。

参加首脳は、森喜朗首相(日本)、ビル・クリントン大統領(アメリカ)、トニー・ブレア首相(イギリス)、ジャック・シラク大統領(フランス)、ゲアハルト・シュレーダー首相(西ドイツ)、ジュリアーノ・アマート首相(イタリア)、ジャン・クレティエン首相(カナダ)、ウラジーミル・プーチン大統領(ロシア)らに、欧州委員会のロマーノ・プローディ委員長が加わっています。

第26回九州・沖縄サミットでは森首相が議長を務めていますが、このときの首相は小渕恵三でした。小渕首相が脳梗塞で倒れたことから森首相に代わり、小渕首相の九州・沖縄サミットへの参加は叶いませんでした。

第26回九州・沖縄サミットの概要

九州・沖縄サミットでは、世界の紛争予防、貧困国への救済、感染症対策、貿易問題、国際犯罪や薬物への対策、環境問題などに関する討議が行われ、最終日の7月23日に会議結果を「G8コミュニケ・沖縄2000」として、世界に向けて公開しています。

G8首脳ワーキングランチをはさんだ首脳会合の後に、沖縄県歓迎レセプションと森総理主催で社交夕食会が行われています。また、首脳会合の後に、国際メディアセンターにて議長の記者会見がありました。

21世紀を迎えるにあたって「一層の繁栄」、「心の安寧」、「世界の安定」の実現に向け、希望を持って共に前進しようと参加国の首脳に呼びかけています。