全身脱毛首脳会議!夏に負けない脱毛サロンを探す

首脳会議、サミットってどんなことを話しているの?

G8で開催されるサミット(主要国首脳会議)

全身脱毛会議

医療機関などで行われている全身脱毛と、エステサロンで認められているワックス等を使用した一時的な脱毛それらが同違うのか?みなさんは知ってますか?? 脱毛クリームやワックスなどを使用する脱毛と違って、医療機関などで受けることのできる全身脱毛(※医療レーザー脱毛が一般的)は、その効果や施術法が大きく違います。 ニキビが消える!?私達のヒミツはココから 毛のイメージ まず、全身脱毛は、毛が再生する仕組み自体を破壊する必要があるため、毛の発育に関わっている毛母や毛乳頭、立毛筋などの組織をレーザー等により破壊することで、以後永久的に毛が生えてこない、という方法です。現在、医療機関などで行われる医療レーザー脱毛がこの全身脱毛の代表的な方法とされています。(※医療機関以外では、医療レーザー脱毛は法律上受けることはできません。) 全身脱毛を比較すると、例えば脱毛クリームは、成分の配合されたムースやクリームを皮膚に塗り、放置したのち洗い流す、又は拭き取る、という方法です。これも痛みが無く、カミソリで剃った時のように毛の断面も太くならない、という利点がある一方で、脱毛クリームは体毛の成分である、タンパク質を溶かすだけでなく、タンパク質でできている皮膚に対して影響を及ぼし、炎症やアレルギーの原因になることもあります。全身脱毛の手段に脱毛クリームを使用する場合は、使用前にパッチテストを受けるようにしましょう。また、毛根が抜けるわけではありませんので、すぐに毛が伸びてきます。 脱色剤は、脱毛作用のあるクリーム等を皮膚に塗布し、体毛を脱色することで、体毛が皮膚の色と近くなり目立たなくする方法です。当然、伸びてくると、脱色した部分と脱色した時点で皮膚の中に入っていた部分がのびてきて黒い部分が出てくるようになります。

年に一度開催されるサミット

サミット(主要国首脳会議)は年に一度、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、日本、カナダ、ロシアの8か国で開催されていました。

この8か国は、Group of Eightを略して「G8(ジーエイト)」と呼ばれていましたが、現在はロシアを抜いた7か国が参加しています。

サミットでは、各国首脳がひとつのテーブルを囲んで、国際社会が直面しているさまざまな課題について意見交換を行います。

サミットを開催する国が、開催する年のサミット議長国となります。サミット議長国は、サミット開催に向けた事前の準備、首脳会合や各国の外相会合、財務相の会合などの議事進行を行います。

1975年に1回目がフランスのランブイエで開かれており、このときの参加国は「アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、日本」の6か国でした。当時は、「先進国首脳会議」と呼んでいました。

カナダが参加したのは、翌年2回目のプエルト・リコ・サミット、ロシアが参加したのは、1997年の第23回のデンヴァー・サミットからです。しかし2014年以降、ロシアは参加停止となり、参加国は「G7(ジーセブン)」に戻っています。

なぜ、ロシアは参加停止となったのか?

ロシアがサミットから除名された理由ですが、ロシアは先進国ではなかったことと、ウクライナ問題により参加の停止が決定的になったと言われています。

ウクライナ問題ですが、ウクライナは東西の2つに分かれており、東側はロシア人、西側にはウクライナ人が暮らしていました。西と東とでクーデターが起こり分裂しましたが、このときロシアのプーチン大統領がウクライナの拠点であるクリミア半島を制圧したことから暴動が起こっています。

なお、サミットを開始した当初は、名前を「先進国首脳会議」としていましたが、後に現在の「主要国首脳会議」に変わっています。先進国に該当しない国も参加する可能性があることから名称が変更されています。

日本が議長国となったサミット

2015年までに、合計41回のサミットが開催されていますが、日本が議長国となったのは、1979年、1986年、1993年、2000年、2008年の計5回。2016年には、「伊勢志摩サミット」が予定されています。

1993年までは、「東京サミット」として東京都港区赤坂の迎賓館で開催されていましたが、2000年に日本初の地方開催サミットとして沖縄が選ばれています。このとき、沖縄以外に札幌、千葉、横浜、大阪、広島、福岡、宮崎なども候補にあがっています。

今後は、地方にスポットがあたってサミットが開催されるようになるでしょう。

サミットの概要

サミットの議題にのぼるテーマですが、経済問題、貿易問題、環境問題、貧困問題、国際テロリズム、国際犯罪や薬物への対策、感染症対策などに関する討議が行われます。

議長国となった国の首脳は、サミットを開催するにあたり参加国へ向けて、「政治宣言」や「経済宣言」発表しています。

サミットが開催されるきっかけとなったのが第1次オイルショックで、1975年の11月にフランスのジスカール・デスタン大統領の提案によって、パリ郊外のランブイエにて日、米、英、仏、独、伊の6か国による「第1回首脳会議」が開催されたのがはじまりです。

日本がはじめて議長国となった「第5回東京サミット」でも、第2次オイルショックで原油価格が高騰したことから、石油をはじめとするエネルギー問題を議題としています。

G8以外の参加国

近年では、G8以外にもさまざまな国のリーダーが会合に参加しています。どの国を招待するかについては、そのときの議長国の判断に任されています。

これまでのサミットでは、中華人民共和国主席、インド首相、ブラジル大統領、メキシコ大統領、南アフリカ大統領などが招かれています。

また、国際機関のトップとして、欧州委員会委員長、国際連合事務総長、欧州連合の欧州理事会議長、国際通貨基金専務理事などもサミットに加わっています。

医療ビッグデータ・サミット

これまでは主に研究の領域で活用されてきた遺伝子(ゲノム)データなどの「医療ビッグデータ」。ゲノムデータを日常診療に生かしたり、大規模臨床データを予防医療や新薬開発に活用したりする動き が2016年の今、まさに始まろうとしています。いよいよ医療ビッグデータが研究室を飛び出し、臨床現場や実サービスの領域での応用段階に入るタイミングを迎えました。そこで今回の医療ビッグデータ・サ ミットでは「いよいよ研究から臨床・実サービスへ」と題して、遺伝子データをはじめとするビッグデータの臨床・実サービスへの応用に関する現状と課題、展望を探ります。

医療ビッグデータとは

情報の電子化が進み、技術の発展と共に大量のデータを取り扱う上での制約が緩和され「ビッグデータ」と呼ばれる大規模データベースの活用に大きな期待されるようになりました。ビッグデータとは従来のデータ処理アプリケーションで処理することが困難なほど巨大で複雑なデータ集合の集積物を表す用語です。 その技術的な課題には収集、取捨選択、保管、検索、共有、転送、解析、可視化が含まれています。

その他のサミット

マンホールサミット…日本の各地のマンホールのフタを集めたサミットです。

世界コスプレサミット…世界30カ国のコスプレファンが集まるサミットです。

大事なリンク